So-net無料ブログ作成

<民主党>参院選勝敗ライン、足並み乱れ(毎日新聞)

 「6月24日公示−7月11日投開票」が固まった参院選の勝敗ラインを巡り、民主党内の足並みが乱れている。菅直人首相は04年参院選で獲得した「50議席」以上を掲げるが、現有議席を下回る低い目標に反発の声が上がる。菅内閣の発足を機に小沢一郎前幹事長の影響力が相対的に低下するなか、勝敗ラインの設定は参院選後の主導権争いとも深く関連するだけに、党内で駆け引きが続きそうだ。【高山祐、大場伸也】

 参院における民主党の現有議席は非改選62、改選54の計116議席。民主党は今回の参院選で60議席以上獲得すれば、単独過半数の122議席に達する。50議席では、国民新党が非改選3、改選3の現有6議席を守ったとしても与党で過半数に達しない。

 鳩山内閣では小沢氏が「60議席以上」を目標に掲げていたが、菅首相は8日の就任会見で勝敗ラインを「6年前、岡田(克也)代表の下の参院選でいただいた議席がベースになる」と下方修正した。

 これに対し、小沢氏に近い輿石東参院議員会長は11日、参院議員総会で「必ず単独過半数を目指す」と明言、前政権時に設定した「60議席以上」を守る考えを強調した。平田健二参院国対委員長も会見で「50議席が目標だという方もいるが、それでは駄目だ」と同調、菅首相を批判した。

 小沢氏側近は、菅首相には9月に予定される党代表選に向け勝敗ラインを引き下げ、責任論をかわす狙いがあると指摘。「参院選後も首相にとどまりたいという『保身』のための発言にほかならない」とけん制する。

 一方、枝野幸男幹事長は目標議席数の設定を避け、争点化の回避を模索する。細野豪志幹事長代理は「現有議席(54議席)は一つの基準になる」と述べるなど、執行部内でも意見が統一されていないのが現状だ。

銀座ロレックス盗、無職男2人を逮捕(読売新聞)
菅首相会見詳報(2)「沖縄の負担軽減も真摯に取り組む」(産経新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
未記載 政治献金400万円、片山元総務相の岡山支部(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)

宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)

 宮崎県は31日、県家畜改良事業団(高鍋町)の種牛49頭の殺処分を終えたと発表した。これで県内の種牛は特例的に避難させた優良種牛5頭のみとなった。東国原英夫知事は同日、「(優良5頭の無事を)神に祈る気持ちですよ。一日一日、戦々恐々としている」と語り、優良種牛5頭の感染回避に強い期待感を示した。
 49頭の種牛は、同事業団の別の肥育牛に感染疑いが確認されたことから5月15日に殺処分対象となったが、宮崎県は豚や別の牛の処分を優先。49頭を特例で生き残らせる道を模索していた。しかし、28日になってこのうち1頭に感染疑いが見つかり、国の処分要請を受け入れざるを得なくなった。
 一方、西都市に避難させている同事業団の優良種牛5頭には、今のところ異常は見られていない。県が6月4日まで検査を続け、感染がなければ国も生き残りを認める方針だ。 

【関連ニュース】
週内に殺処分終了を=農水相、宮崎知事に要請
農水相、2度目の宮崎入り=知事と会談へ、農家視察も
処分家畜の補償額決定へ=30日にも評価基準
優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察
宮崎県、種牛49頭殺処分へ=2頭で口蹄疫の症状

首相退陣論が拡大=小沢氏、進退に言及―民主(時事通信)
最高100万円超も=処分家畜の補償で基準―宮崎県(時事通信)
鳩山首相 辞任に伴う記者会見開かず(毎日新聞)
柏崎刈羽原発 1号機を事実上運転再開 中越沖地震で被災(毎日新聞)
<口蹄疫>「終息宣言」受け えびの市内で田植え準備(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。